プロジェクト

悪意のあるハッカーから自動車を守るシステムセキュリティ

いまや自動車・路線バス・腕時計等の様々なシステムがインターネットと繋がり、私たちの生活と密接に関わっています。その中でも自動車は、エンジン制御等に関わるECU(Electronic Control Unit)・先進運転支援システムのADAS(Advanced Driver Assistance System)といった車両の制御と密接に関わる車載システムとインターネットが接続されています。そのため、万が一悪意のある攻撃者が車載システムへ侵入し攻撃を行った場合,人命が脅かされる事態になります。そこで、車載システムにおける攻撃者(マルウェア,ハードウェアトロイ等)を想定し、悪意のあるプログラムの活動の証拠保全方法・検出方法、車載ネットワークへの攻撃を検知・防止する方法について考えることは重要な課題です。

研究課題

我々の研究室では、車載システム(車載ネットワーク、車載インフォテインメントシステム,ECU)における脅威分析・防御方式に焦点をあて、実際に自動車内部の車載ネットワークをリバースエンジニアリングし、攻撃者の視点を理解した上で研究を進めています。車載システムにおける情報セキュリティは、一般的な情報セキュリティとは異なりセーフティとセキュリティの両方を考慮する必要があります。

そこで、車載ネットワークの通信遅延制約といったセーフティに関わる点を考慮した上で、車載システム上の悪意のある活動を保全する方法や、車載ネットワーク上のDoS攻撃を検知・防止する方法について研究を進めています。